2007年08月05日

7月24日(火) 岡田×清水クラス レポート

ルールの中で動くことの退屈さ、そして面白さ

文・脇野定則(ボランティアスタッフ)

サミュエル・ベケットの名を知らない演劇人は少ない。彼の映像用作品クワッドの名を知らない演劇人も少ない・・・と思う。 思うと書いたのは、私が演劇人ではなくて、ただの演劇好きだからだろう。ベケットの名は知っていたけれども、観たことはない(と思っていた)。クワッドという作品名は知らなかった。
でもである、どうやら私は、テレビを通してではあるが、「クワッド2」を垣間観たことがあるらしいし、(岡田ゼミ渡辺クラスの課題)「行ったり来たり」も観ていたようだ。
その事実を、休憩中に清水氏に話したところ、驚かれたのである。どうやら、クワッドの「絵」を観た事のある人間が演劇人の中にも少ない(かも)ということらしい。
驚いた。
「読んでみて分からなくて、観ても分からなくて、初見の人は訳の分からないままに終わるだろうし」とは清水氏の言葉。・・・実際に、私の場合もそうで、2〜3分後には退屈してしまった気がする。清水氏はこうも言っている。「なぜ、(クワッドを)誰もやらないのかわかった。つまらないから」
そんな作品にあえて挑戦し、楽しみながら苦悩し堂々巡りをしながら結論を求める清水氏が面白かった。結局、このクラスに限れば、演出家のためだけのワークショップと言い切っても良いかも知れない。
岡田氏は「クワッドの稽古場を見せてもらっただけで、本当に感謝している」と清水氏を讃えて(?)いた。

そもそもクワッドという作品が何かの説明が要るだろうか。要るとしよう。
4人が正方形の周辺と対角線をすり足に近い歩き方で淡々と同歩調で歩くだけの話である(これを話といって良いかは疑問で、パフォーマンスというべきかも知れない)。
行動のルールは、
1.角に立った人間は、中心に向かって右側の隣角に向かって正方形の1辺に沿って歩く。
2.隣角に辿り着いたら、向きを換え対角へ向かって歩みを進める。
3.正方形の中心では最大4人が交錯するので、右側に一歩ずれて、やりすごす。
4.対角に辿り着いたら、「1.」の行動に戻る。
最初は4人とも正方形の4隅のすぐ外に座って待っている。まず一人が正方形に入り、歩き始める。少しすると2人目が入り、同間隔で3人目、4人目も入ってくる。
しばらくの間、4人は淡々と正方形を歩き続ける。4人の位置は常に(中心から見て)90度の間隔と等距離が保たれている。
やがて、1人、2人、3人と抜けて、最後に1人が回り続ける。これで1シーズンが終了である。
「クワッド1」では4回の入出が繰り返される(4シーズンで1作品)。出演者は色の違うマスクのようなものを被り、打楽器の音にあわせて、静々と歩く。情報が多い分、まだ。何とか観れる。
「クワッド2」というのもある。こちらは、1シーズン分だけで、長さは1/4だが、こっちの方が見るのは辛いと思う。4人とも、白装束で同色、そして音がないのである。
合計で20分程度・・・大丈夫か?観客寝てしまわないか?と思う。

続きを読む
posted by sapporo at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/岡田ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

7月23日(月)&24日(火) 岡田×渡辺クラス レポート

大切なのはイメージ、邪魔なのもイメージ

文・脇野定則(ボランティアスタッフ)

ベケットは偉大な戯曲家であるのは疑いようがない。でも、哲学的で、取っ付き難い。それが私の印象である。このクラスで扱う「行ったり来たり」も何となく小難しい感じがしていた。その感覚は、今でも残っている。
ただ、この作品は、もう少し素直に楽しんでも良いかもしれない。そんな印象を持つに至った講義でもあった。

「行ったり来たり」は、3人の女性が椅子に座って進んでいく。時折、誰か1人が席を立つと、残った2人が悪口と思われる内緒話をする。それを繰り返しながら、最後は3人で(一見)仲良く手をつないで終わる。
この女性たちが3人揃う時には無表情で、2人になった途端に表情が現れる。その対象性が印象的な劇である。
台詞も動作も多くなく、時間も数分程度の劇である。
一見、簡単である。
でも、塾生は四苦八苦を強いられていた。
塾生に求められたのは「そこに存在するために必要な、最小限のイメージだけを維持する」ことであった。
言葉にすると簡単である。でも・・・
「そこに存在するて何?」
「必要なのは最小限のイメージだけて何?」
「維持するのに必要なのは何?」
こう書かれると難しさが分かってくるかもしれない。
特に「必要なのは最小限のイメージだけ」という下りである。「だけ」である。少なくても、多くてもいけないのである。そして、その「だけ」を維持し続けなければならないのである。
塾生が、四苦八苦にもなろうというものだ。続きを読む
posted by sapporo at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/岡田ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

7月23日 岡田×清水クラス レポート

文・弦巻啓太(弦巻楽団)



いよいよ始まった07年の演劇大学。

札幌の演出家が、東京の演出家の方法論を学びながら作品作りを目指す。

札幌の演劇シーンの活性化…につながるかは置いといて、

参加者や演劇に携わるものにとっては(末席に噛り付いてる僕のような人間にも)

とても面白いものになるだろう。

受け継がれてく物が少ない札幌にとっては、貴重な機会だ。



このクラスは今日で2回目、既にみな顔なじみになってきてるようだ。

使用するテキストは清水さんが選んだベケットの戯曲。

ただ、初めに清水さんから

「三日間ひたすら歩こうと思う。」という言葉。

shimizu1.JPG



その言葉に沿って歩く作業が始まる。

どうやら『クワッド』と言う作品で、正方形の図形を決められた歩数で歩く作品。

受講生は8人。

それぞれ決められた順路で歩き出す。

ルールに沿って歩く人を増やしていく。



途中で岡田さんから意見や提案が出る。

どうやらこの前日に出た、岡田さんの話した中身について。

弦巻は聞いてないので勿論分からない。

ただ、この戯曲やワークショップの「目的」(様々な次元での)について話している

ようだ。



ここまで見て、人の体は履歴書だ、という感想を思う。

歩き方にその人のいろんなものが出てる。面白い。

普段から体を意識してる人、

訓練されてる人、

意識しないようにしてる人(それは意識だけど)、



休憩をはさんで試行錯誤が始まる。

歩くテンポとピアノを挟む。(本当は打楽器にしたいようだ)

なかなかテンポが揃わない。

テンポキープする難しさにみな苦労してる。

また、コースや複雑な『クワッド』のルールに四苦八苦している。

なかなかヤキ・リーベツァイト(ドラマー。同じテンポで何時間も演奏した・…らし

い)のようには行かない。



なかなか上手い形が見出せぬまま終了。

岡田さんが「コレ(この試み)は一旦ここで終了ですね。」

清水さんも「一日考えてくる」とのこと。

翌日からはまた新しい試みがなされるようだ。

大学らしくなってきた。


P1010510.JPG

posted by sapporo at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/岡田ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

岡田ゼミ清水クラス事前ミーティング

7月13日に講師の岡田さんとに清水友陽よる事前ミーティングが行われました。その模様をお伝えいたします。



P7130.JPG

文:清水友陽

場所/急な坂スタジオ
時間/13時から
参加者/岡田さん、渡辺さん、清水





岡田さんが話してくださった内容は
渡辺さんの報告が詳しいので
そちらにおまかせです。

○コトバとカラダの関係性
○岡田さんの考えるリアリズムについて

ということを聞かせていただきました。





岡田さんチームは
渡辺さんも清水もベケットを使うことにしました。

渡辺さんは「行ったり来たり」という戯曲

僕は「クワッド」というベケットのテレビ作品を使おうかと思います。
1984年にかかれた作品で
俳優たちは□の中に×を書いたコースを
ただリズムにあわせて歩くという内容です。
台詞はありません。





僕は最近
戯曲はスポーツのルールブックのようなものだと考えている
ということを岡田さんに話しをしました。
この「クワッド」は説明すると子どもでも出来そうなルールが
描かれているのです。

なので
この作品を選びました。

では
俳優はどうやってこの一歩を役として歩き出すのか
ということを5日間かけて考えていけたらよいと思います。

岡田さんは
実際に先日この「クワッド」の映像化された作品を
ご覧になってきたようで
その話しも聞けたらいいなと思います。

また
今年の3月に岡田さんが演出した
ベケットのラジオ作品「カスカンド」の映像も
ワークショップ中にみせてくださるそうです。

「音声作品が演劇として成立すること」
これは
岡田さんのおっしゃった
コトバとカラダの関係性に繋がるのではないかなあ
それは
文学から独立したものとしてのあり方なのだと
岡田さんはおっしゃってました。

僕は
今回のワークショップで
作品として「クワッド」を成立させるつもりはなく
ただ
前提としては
「これを作品化するならば」ということは考えますが
その過程がショウイングで発表できればと思っています。





実際のワークショップの流れですが
岡田さんと相談して
僕が「クワッド」を作品化するための稽古の仮説を立てていく。
その仮説というのは何でもよくて
話しができるきっかけになればよいのだから
間違っていても何でもよいのだと
岡田さんはアドバイスしてくださったのですが
そこで
俳優も含めて
現場で話しが出来ればよいなと思います。





「クワッド」は台詞が出てこないので
岡田さんのおっしゃる
コトバとカラダの関係を考えるのに
適していないのではないでしょうか
という質問をしたのですが
コトバとは
音声言語のことを言っているのではない
というお話しを聞いて
そうだよなと安心しました。

渡辺さんも書いていますが
「テキストのコトバひとつひとつを
真剣に考えていかなければならない」
ということで
じゃあ
きっとこの「クワッド」というテキストでは
例えば歩いたりすることが
コトバに置き換えられるわけで
やはり
どうやって歩き出すのか

今とても大切なことなのではないかと考えています。

以上
ご報告でした。

しみず
posted by sapporo at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/岡田ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡田ゼミ渡辺クラス事前ミーティング

7月13日に講師の岡田さんとに渡辺豪よる事前ミーティングが行われました。その模様をお伝えいたします。



070713_1243~0002.jpg

文:渡辺豪

☆場所:横浜市急な坂スタジオ
 
☆参加者:岡田さん、清水、渡辺
 
☆お話の内容

(1)岡田さんが話してくれたこと

岡田さんから
身体と言語の関係性について
お話をお聞きしました。
リアリズムについてお話を聞きました。
リアリズムとは、
「こんな体の動きでこんな風に話したからリアリズムなのダ」
ってことではなく、
メカニズムとして、そこに存在するものらしいと
お話ししてくれました。
たとえるならば、OSみたいなもの。
お芝居のOSって、なんだろ
と、考えていたら、
「身体と言語の関係性」に関連する
と、ご説明いただきました。
 
・・・さらに、深く難しい話になってしまった。
僕のあたまの中のOSはパンク寸前です。
 
絵画には、「印象派」や「写実主義」がありますね、
と、岡田さん。
それらが、絵画のOSみたいなものですよね、
と、岡田さん。
演劇においては、
リアリズム以外に、そんなOSは存在するのか?と
考えているのですと
岡田さんは、話されていました。
 
絵画を描くときに、
画家は絵の具をつくります。
その、絵の具にあたるようなものが、
演劇については
「身体と言語の関係性」なのではないかと
岡田さんは、おっしゃっていました。
 
・・・難しい話なんだけれど
それは、少しだけ想像ができる。
 
今回のWS前半の2日間では、
岡田さんのかんがえていらっしゃる
「身体と言語の関係性」から
どのように作品が立ち上がっているのかを
お話していただけるそうです。
 
・・・それは、ぜひ、きいてみたい。
でも、僕のOSが
パンクしてしまわないか心配です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
☆お話の内容(2)

 どんなテキストをつかうかという話

今回はベケットさんをやってみたいと思いました。
僕が、ベケットさんをやってみたい理由。
正直に言うと
不条理劇にあこがれています。
僕がお芝居を作っている倶知安では
不条理劇に触れることは、
後にも先にもなさそうです。
僕は、わがままなので
できないものにあこがれます。
 
もう一つの理由です。
別役実さんの「ベケットといじめ」を読みました。
おもしろい。
ベケットさんがおもしろいのか、
別役さんの読み解きがおもしろかったのか、
僕にはわかりませんが、
突然、ベケット作品に愛を感じてしまいました。
 
この本の中に出て来る
ベケットさんの
「行ったり来たり」という不条理劇に恋をしました。
 
岡田さんはこういいました。
「言葉はやっかいなものです」
はい、僕もそう思います。
「テキストの言葉一つ一つを
真剣に考えていかなければなりません。」
と、岡田さん。
「言葉一つ一つを真剣に考えられないなら、
テキストには、簡単に触れてはいけません」と
おっしゃられているようにも聞こえました。
(僕の勘違いなら、ご容赦下さい)
そう言われてしまうと、
背筋に冷や汗を感じてしまいます。
これは、やってはいけないことなのかな
と、一瞬だけ後悔しました。
 
しかし、僕はこのテキストに恋をしたので、
「ショウイングで形にならなくてもよいので、
とにかく、
役者さんとこのテキストにふれてみたいんです。」
と、正直に話してみました。
「セリフひとつで終わってしまってもいいので、
僕がこのテキストに触れた結果
なにが、立ち上がるのかを
みてみたいのです」
と、お話ししてみました。
 
「それであるなら、いいと思います」
と、岡田さん。
そして、そのことをショウイングをすることに対する
共通の理解とすることにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
☆お話の内容(3) 

今後するべきこと

そういうことでしたので、
まず、ベケットの「行ったり来たり」を
どのように演出してみたいかを
まとめることにしました。
 
しかし、
それはあくまで、事前に描くプランなので、
現場でどんどんかわっていっても
よいのではないかと
そういう話にもなりました。
 
それから、
その演出プランは
役者の「身体と言語の関係性」の中に
しみこんでいけるならベストかもしれませんと
岡田さんがおっしゃっていました。
最初に書いたプランは
あくまでも仮説なので、
どの程度のニアピンになるかということは、
カンであったり、運である。
時間がかかっても、
ピンに近づいていければ
それでいいと思います。
という、岡田さんの言葉も
頭に残っています。
 
今回は上演ではなく、
あくまで、ショウイングなので、
ピンに近づけないおそれもあります。
グリーンにさえ乗らない可能性もあります。
僕のクラブがタマにあたらないことも
あるかもしれません。
まぁ、
それでもいいかと考えています。
今は、そう考えています。
その場合は、説明で補いたいと思います。

渡辺豪
posted by sapporo at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/岡田ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。