2007年07月27日

7月25日(水) 青井×すがのクラス レポート

何度も読んで、秘密を抱えていこう。

文・脇野定則(ボランティアスタッフ)


講義のメインは、(台)本読みだった。
塾生は3人。女性が2人に、男性が1人。同性のよしみで男性(彼)の動きを追いかけていく事にしよう。

菅野氏の芝居の1幕を、客席に囲まれた正面のない舞台で試みるらしい。
ひなびた寒村の小さな駅の待合室。男と女と駐在の会話が展開されていく。
3人が3様の過去(秘密)を持っていて、それがお互いの会話にあからさまに絡みついていく。
そんなシーンである。


最初の本読み、彼は待合室の中を歩き回る。言う台詞の中にも幾分かの感情(抑揚)が混ざる。
自分のポジションを確定させようとしているように思った。

360度に開かれた舞台に戸惑う塾生達。どちらからの視線に対して対応したらよいか分からないという。
青井氏がアドバイス「それは逆に言うと、(視線)を気にしなくても良いということ。どちらが正面と言うこともないから、普通に構えてしまえば良い」
この言葉、何気ないようだが、後の集中力の話にかかってくる重いものであった。

菅野氏は、彼が動きながら本を読んだことを捉えて「動くことには目的がある」と言い、それをうけて青井氏が「言葉の本体を語らなければならない。語るために必要な動きだけをすればよい」と継いだ。
更に、青井氏の説明は続く。
「この劇は(時間の加速がない)静かな劇なので、基本的には動かなくて良い。でも、その分、必要な動きはきっちりとしなければならない」
「立ち位置についても、不自然でない距離をしっかりと考える必要がある。同じ台詞でも距離が変わると、ニュアンスが変わってくる。距離を色々変えながら言ってみると、必要なものが見えてくる」
「台詞に、先にニュアンスを付けてしまうと、それが固定化されてしまう。でも本当は、固定化する前に、その台詞の本体を知らなければならない」
「まずは、座っていて、本当に立たなければいけない事が出てくるまで、我慢してじっと座り続けると良い」

台詞の本体を知るために、まずは椅子に座ったままで、棒読みで、本読みを何度も繰り返していこうと言うことになる。
ここから、台詞の本体を知るための、彼の長く辛い苦労が始まるのである。

2回目の本読みが終わる。
青井氏が感想を伝える。
「身体をうずうずさせながらの本読みだったろうが、実は今の方が作家の言いたいことが伝わってくる」
「僕が若い頃は(君たちは下手なのだから)せめて作家の言葉を汚さないで、観客に伝えなさいと言われてきた」
「出来るだけ、フラットにフラットに読んで、そこから醸し出されてくるのを待つと良い。逆に出来るだけ大げさにやって、自分の下手さ加減を知るという方法もあるのだけれど」
菅野氏が続ける。
「棒読みの方が、余計な情報がないので、皆に台詞をしっかりと読もう、聞こうという意識を持たせる」
「(台詞の本質から)かけ離れてしゃべると、観客が本質へ辿り着くことを阻害してしまう」

3回目の本読み。
この辺りから、彼の肩から力が抜けていくのが、未熟な私にも分かるようになる。
台詞が気連見なく私の耳に伝わってくる。
続いて、4回目の本読みを終え、休憩にはいる。

続きを読む
posted by sapporo at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/青井ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

7月25日(水)青井×すがのクラス レポート

文・鈴木健治(ボランティアスタッフ)




 今日は本読みから始まった。4方向から見られるお芝居という事で、メリットはセットを作らなくていい。壁がいらないというこだそうだ。


 3日後にどういう風にしていくのかの話しあい。当日に向けた練習が始まった。基本セットを作り、セットの中で、読む練習が始まった。



 そこで、菅野さんからまずは上手にセリフを言う事より意味を理解して話すという アドバイスというか注文がでる。


 青井先生からは、静かな演劇のたぐいだから動く必要はない。


 言葉の本体でつなぐ、どうしても動かなければいけない所で動くという解説がされる。





 そして、青井先生とすがのさんの演出が始まる。


 我慢の演技、無駄な動き、無駄な味付け、アクセントをなくすというアドバイスがされた。





 それで演技をしてみる。確かに言いたい事は伝わりやすかった。


 役者は違和感を覚えたみたいだが、青井先生は作家のいいたい事は我慢してやった方が伝わるという解説。


 確かに味付けが入るとわかりずらい。


 そして、タイムを計っての稽古が始まった。





 最後は、お風呂に入ってる事をイメージしてのパントマイム。


 これは、集中力を磨く事、自己開放の訓練ができるという。そこに就職が決まった日など感情表現をのっけるとさらにいいらしい。





 今日はますます演技の深さを知った気がした。
posted by sapporo at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/青井ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

7月24日(火) 青井×槙クラスレポート2

文・鈴木健治(ボランティアスタッフ)




 今日は昨日の感想から入りました。青井先生 槙さん 役者5名 見学者は最大で9名いました。


昨日の感想では、普段の芝居とは質が違うという感想をもった俳優さんもいらしゃった。


槙さんは「いかに自分の言葉としてセリフをしゃべる事ができるのか?」という事を話していました。


そして、本読みに入りました。本格的に始まった気がしました。





登場人物に二人の女性がいるんですが、青井先生いわく 山の手だけど決して気取らない、そして品がある。
下町ではないという解説をしてくれました。

かなりの昔の東京弁だから、役者の方がセリフを読むのに苦労しておられました。


昨日はマイズナーテクニックについて全くわからなかったのですが、今日の先生の説明で少しはわかりました。
そのテクニックのなかでレペテションという技法があるのだそうですが、繰り返し言葉をいう練習方だそうです。

今日のゼミでは二人で行っていました。ある言葉を発し、その言葉に反応し、同じ言葉を永遠に繰り返していく
という技法みたいです。でもこれは、マイズナーテクニックの10分の1位にしか当たらないみたいです。

わかりやすく説明すると





A あなたはきれいだ。 これにBEが反応して、 BEあなたはきれいだ。 これにAが反応して Aあなたはきれいだ。





という事を繰り返して、直前の言葉に反応していくといものだそうです。




それはできるだけ微細な刺激で反応するためのシステムだそうで、説明を受けてすごく納得しました。




その後は、槙さんと青井先生は演技の上での感情について話してました。


青井先生は普段でも、例え結婚式でもお葬式でも感情は先行しない。


だから、演技でも感情は先行しない。


感情は後払い 先に感情を置いたら駄目とタキザワ先生という方がおしゃってたそうです。


そして感情は客払いとも言ってたそうです。





後、余談になるのですが 学校の成績が悪くても男子はいい役者になるそうです。育った環境が悪くても跳ね返せるそうです。
と青井先生が冗談だけどマジとおしゃってました。

じゃあ女子は?と気になる方もいるとおもいますが、あえて書きません。ご想像にお任せします。





そして、本読みした中からどの部分をやるか決めて、槙さんは俳優の感覚でやって修正したいと話し、
それに対し青井先生は感覚だけじゃ難しい。文体を理解しなくてはいけないから。というやりとりがありました。
終了予定時刻の22時を回っても稽古は続いてました。




今日も、青井先生の演技の知識の話に圧倒されました。


仮の話ですが、私が先生の付き人、もしくは弟子いりしても先生の知識に追いつくことは生きている間に可能なのだろうか?なんて考えが浮かびました。


付き人 弟子入りは空想の話ですよ。





明日も青井先生の話が楽しみです!!
posted by sapporo at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/青井ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月24日(火) 青井×槙クラス レポート

文・五十嵐宣勝(ボランティアスタッフ)



青井ゼミ・槙クラス2日目

今回の槙クラスのテーマは”いかにして自分の言葉でセリフをしゃべるか”。

昔のテクストを用いて”いかにしゃべるか””演劇チックになりがちなのをいかにリアルに見せるか”についての研究です。



用意されたテクストは田中澄江「水のほとりの女」。

配布の後に受講生で読み合わせをするも、現代劇では使われていないその文体・言葉に苦戦。青井さんの本作品の背景やこのテクストで用いられている「気取っていない山の手言葉」の解説に受講者もテクストの世界への手掛かりを何となくつかんだ様子でした。



読み合わせ終了後、

槙さんから「感情を演じることは間違っているのではないか」との発言に、

青井さんは「何かの引き金があってこそ感情が生まれる」のであり、

「俳優は”感情以外のあらゆる要素=行動”を計算していくのだ」と回答。

そのためには、このセリフが書かれた意図を先まで見えている必要があり、

その気持ちをどう掘り起こすかは演出と俳優のテクストの読み取り、

テクストの分析・分解をしていかなければならない、と例示をもってお話になっていました。



休憩ののち、槙さんからの提案で、槙さんがワークショップでやっているメソッドを実践してみることに。受講生が「やりたいことをやる」という自由な感覚で発してみる、その判断は自らが常に行っていく、という槙さんのメソッド。

音段階では自由に発することができるものの、

音をセリフに代えてみると、どうもテクストの「字面」に拘束される受講生。

青井さんから、自分のニュアンスに囚われているという指摘ののち、

言葉の本体とはどういうものか、揺るがないニュアンスとは何か、を見つけるために、

青井さんご自身のワークショップで実践されている、複雑なこと・他の要素を付加したテクスト読みの提案があったところで本日は終了。



終了後しばらく思案したのち、何か思いついたような表情の槙さん。

どういう方法で受講生の言葉を、そして概念を解体していくのか、

その先にある表現はどのようなものなのか、

そしてちずさんの「コンカリの床の雑巾がけがいいな」という願いを受け入れるのか、

明日からのワークショップが楽しみです。



posted by sapporo at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/青井ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月23日(月) 青井×すがのゼミレポート

鈴木 健治(ボランティアスタッフ)




 まずは、30分くらい青井先生の演劇の歴史の話から始まった。歴史という言葉が適切かどうかはわからないが。


 専門知識があまりにもない自分にとっては、話に所どころついてはいけなかったのだが、マイズナー・テクニックについての
話。そして、そのテクニックが意識されていないのに組み込まれているという演劇があるという話があり、青井先生の話で自分が一番印象に残っているのは、一つの方法に縛られたくない、そして、せっかく日本といういい加減な国にいるのだから、それを上手く活用するという話。海外研修の話では、女性に多いそうだが、一人の優秀な先生だけをみつけて帰ってくるので、それはもったいないという話。もっと、広く色々と身につけてくるべきだという意見。




翻訳の話もされていた。





1 昨日 恋をした      駅でバスを 降りると


      一目惚れをした





2 昨日 駅でバスを 降りると  恋をした


                   一目惚した





1のセリフの様に訳した方がわかりやすいし伝わりやすいという話。 なるほどっと思った。





その後演劇のビデオを一時間位観る。


その後一時間位は他のゼミも見学してまわった。





 帰ってくると青井先生は、「稽古初日は台詞は完全に覚えてなくていいから、自分の事を3時間くらいしゃべれればいい」とか、「
稽古しながら台詞を完全にしていけばいい」という話をしていた。例えば、「朝日は美しい」という台詞を、最初は「朝日がきれいだ」みたいな感じでもいいと言われていた。

 とにかく青井先生の知識の深さにはおどかされた。ポール・ニューマンやメリル・ストリープなど普通に有名な俳優の話も出てくる
し、歌舞伎の話もでてくる。大学の演劇学部の講義などうけるとこのような感じなかなと勝手に想像した。

 これから、どのような展開になっていくのかが楽しみだ。




posted by sapporo at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/青井ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

青井ゼミ 槙クラス・すがのクラス事前ミーティング

7月9日に講師の青井さんと槙・すがのよる事前ミーティングが行われました。その模様をお伝えいたします。



文:槙 文彦

7月9日午後2時過ぎ〜、目黒にある喫茶店にて。

参加者;青井陽治さん、横尾さん、すがのさん、槙



青井さんとの打ち合わせは午後2時過ぎから6時頃まで、話は作家論から演出論、演技論まで多岐に渡りました。

まずは青井さんの方から、僕達二人がどんな演劇環境の中で育ち、現在どんなことに関心があるかの質問。

僕は高校演劇から始まり、その演技に疑問を持ち松本修さんのワークショップを受けた事、その後劇団を立ち上げて現在俳優がリアルにセリフを発するにはどうすればよいか、に取り組んでいる話をしました。

すがのさんは、自分は自分のやり方でこれまでやってきたけど、今やっていることが果たして演出なのかよくわからないということ、演出ってなんだ?ということが現在の課題であるという話がありました。



まずは槙の関心事について。

槙が、「役者がリアルに、ダイレクトな感覚としてセリフを発するためには、台本の読み込みが時に役者の足かせになる。だから台本は読まない方が良いのではないか」と問題提起したことに対し青井さんは、

「台本が役者の足かせになるのは、台本の読み込みが足りないから」であるとのお話をいただきました。

ある有名な俳優が20代の頃、青井さんに脚本の解釈をお願いしたそうです。青井さんが丁寧に説明したところ、その俳優は「ありがとうございました。これでやっと台本を忘れられる」と話したそうです。普通なら「やっと台本が理解できました」と言うだろうというところを。

青井さんが演技を教える時、俳優にはノートを国語のノートのように縦に使い、左端にセリフを一文、そしてその右側にこの登場人物の気持ちを想像を加えて1ページまるまる書き込ませることがあるそうです。脚本から読み取れる事だけじゃなく、脚本をふまえた上で役を演じる俳優が自由に想像して書き込んでいくと、1ページくらい埋まる。そこまで役を掘り下げていくということです。

一方で、青井さんが演出される時、脚本から離れて稽古する事もあるそうです。

また、俳優が自分の言葉としてセリフを発するには、脚本の性質が大きく影響を及ぼしてくる、俳優がダイレクトな感覚として発しやすいセリフと、そうでないセリフがあるということを、外国語のテキストの翻訳という例を挙げて説明していただきました。


青井さんが一番はじめに演技を勉強し始めた頃、「俳優は脚本家に魂を捧げるものだ」と教えられたそうです。

そしてこの話の流れの中で、「気持ちで演技する」という事に触れ、「気持ちで演技する、という言葉が演劇界からなくなったら、日本の演劇は随分よくなると思う」という事を言っておられました。

さらに「スタニスラフスキーからのさまざまな演技理論は、相反するものではなく、最終的に同じ所に行き着くものである」というようなことも仰っていました。


そしてすがのさんの関心事について。

舞台の演出とは何か。
これには、アメリカでの、ニール・サイモンの作品の舞台化を例にあげ、舞台美術の重要さを教えて頂きました。

この舞台は、舞台の地面に近づく部分(すなわち下方)が大変リアルにつくられていて、舞台の上の方は極めて抽象的につくられていたそうです。そしてこの舞台の演出家は、幕が開いた時点で「これからここで起こるお話は、架空の話なんですよ」と客席に提示している、観客は舞台上で起こるやるせない話を、「ああ、架空の話なんだな」と笑い飛ばして見る事ができる、そんな演出だったと話して頂きました。

すがのさんの研究課題に関しては、すがのさんのつくった作品のDVDを見ていただき、この5日間で取り組んでいくという事です。



槙がこの演劇大学で扱うテキストについて事前に青井さんの方から、「70年代以降のアメリカの芝居か、50年代以前の日本の芝居が良いのでは?  久保田万太郎から田中澄江ぐらいまで。アメリカならMAMET以降。」という指定があったので、その意図する所を伺ったところ、

「人物のありようを作家の都合に合わせて書くのではなく、また作家の言いたい事を人物に言わせているのでもなく、生きる人物のありさまをありのままに書いている」そういう趣旨でした。

槙クラスでは、この進言を受け、久保田万太郎、田中澄江、菊池寛らの作品の中からテキストを選ぼうとおもっています。



槙クラスでは、初日に、槙が現在取り組んでいる演技法、稽古方法を青井さんに見て頂いて、その上で「俳優が、セリフを血の通った言葉として発するにはどうすればよいか?」ということをテーマに5日間、取り組んでいこうという事になりました。

posted by sapporo at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/青井ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。