2007年08月17日

NPO法人コンカリーニョ 理事長:斎藤ちずさんコメント

これ以前は2007年の演劇大学in札幌の記録です↓

演劇大学2007in札幌の会場としてお世話になりました「生活支援型劇場コンカリーニョ」・「ターミナルプラザことにPATOS」の理事長・斉藤ちずさんよりコメントを頂きましたので掲載いたします。


P1010528.JPG


「演劇大学」寮母の楽しみ

 かつて、15年位も前になるでしょうか?一役者として、様々な壁を感じ、勉強したいと思っていた時期がありました。まだ、札幌では演劇関係のワークショップはあまりなく、ダンスのレッスン場に通ったり、手当たり次第に異ジャンルのWSを体験したり・・・。

 猛烈に勉強したい時期というものがあるものなのでしょう。今年の演劇大学に集まった6人の道内の演出家たち、どうも、その猛烈に勉強したい時期なのでしょう。事前ミーティングから白熱していました。アルコールも入らずに延々と。今年「寮母」を名乗った私は、途中で飽きて、適当に差し入れして、「コンカリとパトス好きに使って、今、やりたいことやって〜」と言いながら、時々茶々を入れ。

 5年目になる札幌での演劇大学。羊屋学長、継続している実行委員の清水君、横尾君を中心にかつて猛烈に勉強したい女優であった私には、うらやましいくらいの事前準備2ヶ月、本番1週間でした。

 得たものはそれぞれ、その成果が形となって現れるのもきっと、それぞれ。もしかしたら、そんなに遠くない将来にその成果を目の当たりにできるかもしれないという期待も膨らませています。

 常々、日本の企業は優秀だなと感じていますが、その基礎には、大学から企業内部にいたるそれぞれの業界内でのたゆまない、無駄に終わるかもしれない研究があるのでしょう。現在の日本の中で、演出家や演技者が商品(=作品)以前の研究をできる場は、札幌だけではなく全国的に見ても、そう多くはないのだろうと想像します。しかし、海外の芸術大学の事例を見聞きすると、その基礎研究が必要なのだと感じます。今回の演劇大学開校式にあたる交流会でも、日本演出者協会の和田さんがオーストラリアの例を話されていました。共通基礎がある強さを感じました。うらやましい限りです。ただ、うらやましがっているだけでは進まないので、できることから。今年の演劇大学は、今、札幌の演劇に必要なその1歩目を踏み出したようなものを感じます。

 今年参加したメンバーの今後の作品と来年以降の演劇大学に期待大です。また、寮母さん、やって、意欲的な大学生たちと出会いたいものです。

NPO法人コンカリーニョ 理事長:斎藤ちず

posted by sapporo at 23:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 2007年/感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日が充実!
Posted by セックスフレンド at 2009年10月07日 12:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。