2007年08月07日

羊屋白玉演劇大学07終了コメント

学長の羊屋白玉さんよりコメントをいただきましたので掲載させていただきます。


douage.JPG

青井さんと岡田君に以下のような御礼メイルをおくりました。

御礼おくれましてごめんなさい。何日か札幌の友人宅におじゃまして
帰ってきました。
演劇大学ではほんとうにありがとうございました。
いまはっきりわかるのは、わたしもふくめて青井さんや岡田君深津君の、
札幌の演出家たちにたいするまなざしというものが、
つくりてとしての姿勢にそそがれていたのだなということです。
シンプルですがとても重要な、大変手間のかかる作業におつきあいして
いただき、
とてもありがたいことです。ほんとうに。
暑い日が続きますがおからだご自愛ください。それではまた。羊屋白玉

というようなもので。
わたしの演劇大学07終了コメントのすべてがつまっているわけで
もあります。
それは 「姿勢」 です。
簡単に言えば、この人といっしょにはなしをしたいかごはんをたべたい
かどうかです。
作品のことなんて、いってみればライバルなんですから、アドバイスは
しても企業秘密は明かしません。


いろんな姿勢がおもいうかびます。
研究発表の中、わたしがいちばん課程と仮定がよくわかったのは、すが
のくんとわかなちゃんで。
翻訳はあえてしませんが、やりっぱなしの発表にしないように留意して
いたと感じました。

打ち上げの席で、深津君がわかなちゃんに「あんまり君のはおもしろく
なかったけどさぁ」と言っていて、
「なにゆってるのかもよくわからなかったけどさぁ」と言っていて、あ
らあらとおもって横で聞いていたんだけど。
「でもなんだかトガっているかんじがいいよ」と言ってました。おぼえ
てる?わかなちゃん。
そんでわたしのこと指さして「ひつじやとは8年くらいのつきあ
いだけど出会ったときはぼくもこいつもトガっててさぁ。。。」とか
いっていると。
なんかそこで青井さんが笑顔で乱入してきて、実は青井さんと深津君と
わたしは劇作家大会の札幌で
「演劇とエロス」というタイトルのシンポジウムで初共演してそれいら
いのおつきあいなんですが、
ただエロ話をしただけなんだけど、内容は控えますが、この人達は信用
できるかもと感じあったきっかけでもあります。

橋口さんは、構造についての書物が、演劇大学ビフォーアフターで理解
がぜんぜん変わったんでしょう?

それらはすごいことだとおもいます。

わたしの言い方だと、三年殺しとか七年殺しとかいいます。

姿勢をくずさないで。とにかく。
とおもいます。そしてわたしも。

そのうち今回の講師の現場に、今回と逆の立場で札幌の演出家がつい
て、いっしょにクリエーションするってのもいいかもしれない。演出助
手ってことではなくてね。俯瞰して比較して現場に発言するの。
演出家は演出しているときは、七転八倒で周りのことがみえにくいのは
あたりまえなんだとおもいます。
これもまた大変かもしれないけど。
どんどん研究は進む。

終わらないんです。

グッドラック!
またタッグを組みましょう。

羊屋白玉
posted by sapporo at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。