2007年07月25日

7月24日(火) 羊屋×橋口クラス レポート

文・弦巻啓太(弦巻楽団)

先ず与えられたテキストについて受講生達が研究発表。聞きながら想像すると、このクラスは古代の神話の文章をテキストにしているようだ。それを元に「物語」としての形・可能性、何でも考えたこと、思ったことを発表してゆく。
「女性の起源」についての文章で、話題は性差、セックス/ジェンダー、男性が語る伝承についてと推移してゆく。
これからこのクラスはこの「文章」を作品にしていくらしい。こんこんと話していく中で、参加者のその文章への「見解」が重なっていく。一致する部分/重ならない部分を探りながら、作品づくりに向けての「スタンス」を共有しようとしてゆく。一時間話し合って、再び体を温める。

休憩後、参加者の一人の指導によりヨガ。
体の仕組みについて様々な発見をしていく。昨日(初日)のワークショップを覗いた時は、思い思いに動いてゆく稽古をしていた。思い思いに動き/コピーし/移動することでアンサンブルが浮かんで来る。リズムが出て来る。
合図ではなく、お互いの存在を感じとろうということか…、と思う。

ヨガでじっくり呼吸を整えて、昨日の試みの発展。「ソフト・フォーカス」(と言うらしい)を応用して、お互いの存在を感じながら、“生活”してみる。
部屋を1DKぐらいの大きさに設定し、ビニールテープで区切っていく。特に「設定」を作らずに3人チームで動いてみる。動きながら台詞を使わずに自然に浮かび上がる関係性を立ち上げていこう、となり、トライ。
特に考えずに即興で動いても、いつの間にか立場や関係性が見えてくる。朝・昼・夜と、時を動かし、10分以上ゆったりとやって、考察。
見てる人が意見を言っていく。橋口さん、羊屋さんから提案。気をつけるポイントが提案されていく。
面白いのは、見てる人が感じた「関係性」が、あまり変わらないところだ。彼と彼女は「姉と弟」、彼は「部屋の主」等々。ただ、やってる方はそんなに意識してた訳ではないのがまた不思議だ。
「言葉で説明しない方が、存在を大きく感じる」との言葉が出る。
チームやメンバーを替えて繰り返す。
後半、二項対立について説明があり、考察。そして実演として「昼」と「夜」をテーマにディベート。
その後、再び「生活」してみるにトライ。

空間にどう存在するか?というアプローチが続く。
最後まで見られずに弦巻は自分の稽古の為、中座。
明日にはどうなってるかな?

posted by sapporo at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/羊屋ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。