2007年07月25日

7月24日(火) 青井×槙クラスレポート2

文・鈴木健治(ボランティアスタッフ)




 今日は昨日の感想から入りました。青井先生 槙さん 役者5名 見学者は最大で9名いました。


昨日の感想では、普段の芝居とは質が違うという感想をもった俳優さんもいらしゃった。


槙さんは「いかに自分の言葉としてセリフをしゃべる事ができるのか?」という事を話していました。


そして、本読みに入りました。本格的に始まった気がしました。





登場人物に二人の女性がいるんですが、青井先生いわく 山の手だけど決して気取らない、そして品がある。
下町ではないという解説をしてくれました。

かなりの昔の東京弁だから、役者の方がセリフを読むのに苦労しておられました。


昨日はマイズナーテクニックについて全くわからなかったのですが、今日の先生の説明で少しはわかりました。
そのテクニックのなかでレペテションという技法があるのだそうですが、繰り返し言葉をいう練習方だそうです。

今日のゼミでは二人で行っていました。ある言葉を発し、その言葉に反応し、同じ言葉を永遠に繰り返していく
という技法みたいです。でもこれは、マイズナーテクニックの10分の1位にしか当たらないみたいです。

わかりやすく説明すると





A あなたはきれいだ。 これにBEが反応して、 BEあなたはきれいだ。 これにAが反応して Aあなたはきれいだ。





という事を繰り返して、直前の言葉に反応していくといものだそうです。




それはできるだけ微細な刺激で反応するためのシステムだそうで、説明を受けてすごく納得しました。




その後は、槙さんと青井先生は演技の上での感情について話してました。


青井先生は普段でも、例え結婚式でもお葬式でも感情は先行しない。


だから、演技でも感情は先行しない。


感情は後払い 先に感情を置いたら駄目とタキザワ先生という方がおしゃってたそうです。


そして感情は客払いとも言ってたそうです。





後、余談になるのですが 学校の成績が悪くても男子はいい役者になるそうです。育った環境が悪くても跳ね返せるそうです。
と青井先生が冗談だけどマジとおしゃってました。

じゃあ女子は?と気になる方もいるとおもいますが、あえて書きません。ご想像にお任せします。





そして、本読みした中からどの部分をやるか決めて、槙さんは俳優の感覚でやって修正したいと話し、
それに対し青井先生は感覚だけじゃ難しい。文体を理解しなくてはいけないから。というやりとりがありました。
終了予定時刻の22時を回っても稽古は続いてました。




今日も、青井先生の演技の知識の話に圧倒されました。


仮の話ですが、私が先生の付き人、もしくは弟子いりしても先生の知識に追いつくことは生きている間に可能なのだろうか?なんて考えが浮かびました。


付き人 弟子入りは空想の話ですよ。





明日も青井先生の話が楽しみです!!
posted by sapporo at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/青井ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49159950

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。