2007年07月24日

7月23日 岡田×渡辺クラス&羊屋×伊藤クラス レポート

文・五十嵐宣勝(ボランティアスタッフ)





岡田ゼミ・渡辺クラスは3日目。

早速テキストを読むところから始まります。



ゼミでは



まず絵(イメージ)を持つこと

そしてその絵(イメージ)と関係を継続していくこと



この2点についての反復で3時間が経過していました。



岡田さんの「絵との関係を継続していくことがいちばん辛いこと」

「演出は役者が本当に絵と関係し続けいているかを疑っていく」という言葉に

渡辺さん、また渡辺クラスの受講生の方も



自分の持っている絵はどんなものなのか

またそれを持ち続けられているのか

その絵とセリフはどのような関係にあるのか



を考え、悩んでいたように見えました。



最終日の明日、光は見えてくるのでしょうか。





パトス・ホールでの羊屋ゼミ・伊藤クラスの初日。

まずはウォーミングアップから。

羊屋さんの指示に最初は動きがぎこちなかった参加者も

しばらくやっていくうちにスムーズになっていきました。



参加者が羊屋さんの指示に従ってホール内を歩いていきます。

動作に関するいろいろなルールが加えられていきます。

伊藤クラスでは対話への土台作りというのがひとつのテーマになっています。

参加者が他者の動作を拾うことで、そのイメージを交感していく。

また拾わないという交感の仕方。

ディスカッションでは自らの交感の仕方、

イメージが交感できた嬉しさなどについて

活発な議論がなされていました。



最後に今回使用するテキストが渡されました。

明日は言葉も加えたイメージの交感をしていくそうです。

どんな展開になるのか楽しみです。

posted by sapporo at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/羊屋ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。