2007年07月24日

7月23日 岡田×清水クラス レポート

文・弦巻啓太(弦巻楽団)



いよいよ始まった07年の演劇大学。

札幌の演出家が、東京の演出家の方法論を学びながら作品作りを目指す。

札幌の演劇シーンの活性化…につながるかは置いといて、

参加者や演劇に携わるものにとっては(末席に噛り付いてる僕のような人間にも)

とても面白いものになるだろう。

受け継がれてく物が少ない札幌にとっては、貴重な機会だ。



このクラスは今日で2回目、既にみな顔なじみになってきてるようだ。

使用するテキストは清水さんが選んだベケットの戯曲。

ただ、初めに清水さんから

「三日間ひたすら歩こうと思う。」という言葉。

shimizu1.JPG



その言葉に沿って歩く作業が始まる。

どうやら『クワッド』と言う作品で、正方形の図形を決められた歩数で歩く作品。

受講生は8人。

それぞれ決められた順路で歩き出す。

ルールに沿って歩く人を増やしていく。



途中で岡田さんから意見や提案が出る。

どうやらこの前日に出た、岡田さんの話した中身について。

弦巻は聞いてないので勿論分からない。

ただ、この戯曲やワークショップの「目的」(様々な次元での)について話している

ようだ。



ここまで見て、人の体は履歴書だ、という感想を思う。

歩き方にその人のいろんなものが出てる。面白い。

普段から体を意識してる人、

訓練されてる人、

意識しないようにしてる人(それは意識だけど)、



休憩をはさんで試行錯誤が始まる。

歩くテンポとピアノを挟む。(本当は打楽器にしたいようだ)

なかなかテンポが揃わない。

テンポキープする難しさにみな苦労してる。

また、コースや複雑な『クワッド』のルールに四苦八苦している。

なかなかヤキ・リーベツァイト(ドラマー。同じテンポで何時間も演奏した・…らし

い)のようには行かない。



なかなか上手い形が見出せぬまま終了。

岡田さんが「コレ(この試み)は一旦ここで終了ですね。」

清水さんも「一日考えてくる」とのこと。

翌日からはまた新しい試みがなされるようだ。

大学らしくなってきた。


P1010510.JPG

posted by sapporo at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/岡田ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。