2007年07月17日

岡田ゼミ清水クラス事前ミーティング

7月13日に講師の岡田さんとに清水友陽よる事前ミーティングが行われました。その模様をお伝えいたします。



P7130.JPG

文:清水友陽

場所/急な坂スタジオ
時間/13時から
参加者/岡田さん、渡辺さん、清水





岡田さんが話してくださった内容は
渡辺さんの報告が詳しいので
そちらにおまかせです。

○コトバとカラダの関係性
○岡田さんの考えるリアリズムについて

ということを聞かせていただきました。





岡田さんチームは
渡辺さんも清水もベケットを使うことにしました。

渡辺さんは「行ったり来たり」という戯曲

僕は「クワッド」というベケットのテレビ作品を使おうかと思います。
1984年にかかれた作品で
俳優たちは□の中に×を書いたコースを
ただリズムにあわせて歩くという内容です。
台詞はありません。





僕は最近
戯曲はスポーツのルールブックのようなものだと考えている
ということを岡田さんに話しをしました。
この「クワッド」は説明すると子どもでも出来そうなルールが
描かれているのです。

なので
この作品を選びました。

では
俳優はどうやってこの一歩を役として歩き出すのか
ということを5日間かけて考えていけたらよいと思います。

岡田さんは
実際に先日この「クワッド」の映像化された作品を
ご覧になってきたようで
その話しも聞けたらいいなと思います。

また
今年の3月に岡田さんが演出した
ベケットのラジオ作品「カスカンド」の映像も
ワークショップ中にみせてくださるそうです。

「音声作品が演劇として成立すること」
これは
岡田さんのおっしゃった
コトバとカラダの関係性に繋がるのではないかなあ
それは
文学から独立したものとしてのあり方なのだと
岡田さんはおっしゃってました。

僕は
今回のワークショップで
作品として「クワッド」を成立させるつもりはなく
ただ
前提としては
「これを作品化するならば」ということは考えますが
その過程がショウイングで発表できればと思っています。





実際のワークショップの流れですが
岡田さんと相談して
僕が「クワッド」を作品化するための稽古の仮説を立てていく。
その仮説というのは何でもよくて
話しができるきっかけになればよいのだから
間違っていても何でもよいのだと
岡田さんはアドバイスしてくださったのですが
そこで
俳優も含めて
現場で話しが出来ればよいなと思います。





「クワッド」は台詞が出てこないので
岡田さんのおっしゃる
コトバとカラダの関係を考えるのに
適していないのではないでしょうか
という質問をしたのですが
コトバとは
音声言語のことを言っているのではない
というお話しを聞いて
そうだよなと安心しました。

渡辺さんも書いていますが
「テキストのコトバひとつひとつを
真剣に考えていかなければならない」
ということで
じゃあ
きっとこの「クワッド」というテキストでは
例えば歩いたりすることが
コトバに置き換えられるわけで
やはり
どうやって歩き出すのか

今とても大切なことなのではないかと考えています。

以上
ご報告でした。

しみず
posted by sapporo at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/岡田ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48122637

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。