2007年07月13日

羊屋ゼミ・伊藤クラス事前ミーティング

去る6月23日、講師の羊屋さんとイトウワカナによる事前ミーティングが行われました。その模様もお伝えいたします。



VFSH0111.JPG

文・イトウワカナ

2007.06.23 14:00〜
下北沢・某カフェ 

はじめまして、の羊屋さんとわかなでのミーティング議事録です。
前日、私の準備が不十分だったことでだいぶご迷惑をかけてしまいました。まずは怒られるぞと緊張して参りましたが、そんなこともなく、緊張も忘れ、ました。開始1時間ほどは、いろいろとお話をしました。 

    
事前準備 
羊屋さん→昨年の遊戯祭intro【NAGAMACHI女ハラキリ】をDVDにて
 
わかな→candies欧州公演、please send junkfood、 candies東京公演をDVDにて
 それぞれ観ておきました。 
それでは議事録です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      俳優との関係性について
 

テキストを決める、どのようにすすめる、の前に話しました。
自分がいま抱えていること、それが俳優との関係に関してです。

 
○ わかな問題 ○ 
私が役者で稽古にあたる場合、演出からはたくさんの言葉でのヒントをもらったほうがより考えを深められるのですが、大半の役者はそうではないのだ、と自分が演出してみて感じました。俳優達は、まずは体感したがっているのだと思ったのです。そうしてあげたいけれど、何を与えてあげたらいいのか、いまいちわからないのです。 
 

○ 羊屋さんとの会話で出たもの ○
 
「どのように関係をとっていくか」は「最終的になにをするか」で違ってくる。最終的には、テキストを超えさせることを俳優たちに求めたい。
 

俳優に求めることの流れとして、
 
@テキストとの対峙
 
      ↓
   
Aテキストを超える
      ↓
B完成予想(目標到達点)
  

おおざっぱに表しましたが、例えばこういった流れがあります。
Bで、演出が求めているグルーヴ、体感、かたちに行き着くまでのあいだ、たとえば、@で、Aで、そのあいだで、どれだけ最終的なグルーヴへ導く体感を与えるか、を考えなくてはならないということ。また、@の前段階で、何ができるか、を大事にしようということ。たとえば、テキストを見せずに、役の関係性だけを伝えて稽古をすすめる、といったような、ベースの体感づくり をしてみてはどうか、と提案いただきました。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       ことばをつかう、ということ 
 

今回は、ことばの限界点まで近づいてみたい、というテーマを自分に設定しました。
ことばでできること、できないこと、すること、しないこと、を考えてみようとしています。それに関して、出発前に、橋口さんと話していて気づいたことをまずは羊屋さんにお話しました。自分にとってことばの可、不可は

ことばができること    =    理 性  

*********************←恥かしいところ

ことばができないこと  =   本 能
 
 

なのではないかしら、と伝えました。
まず、***部分の恥かしいところ。こことどう付き合うかを考えること。なくしちゃダメだと思うと、羊屋さんは言いました。わたしもそう思います。また、上の図にくわえ、

ことばができること    =    理 性   =  ことばにすること

*********************
 

ことばができないこと   =   本 能   =  ことばにしないこと
 

なのではないか、と羊屋さん。
では、「ことばにしないこと」は、どうするか、という問いに、 ことばにしない=存在する ということで表していきたいと答えました。羊屋さんからは、「もしくは『音楽』で表したり出来たらいいね」ということが出ました。賛成です。 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       テキストについて
 

いよいよ、テキストについてです。
候補 としては、R.D レインのなにか、と自分で書いたnest(仮)というものがあがっていました。どちらも会話主体のテキストです。 羊屋さんからの提案は、メールでのやりとりをみていると、わたしが作家と演出家のあたまが混同しているようにみえたので、まったく人のものを演出し、作家と演出家の自分を切り離して考えてみてはどうだろう、ということでした。わたしもそれには賛成しました。ので、あっさりとレインに決定しました。 

「好き?好き?大好き?」というレインの作品(詩集)を持参していましたので、
とりあえずはその中から選んでみようということになりました。 やるならば、男女の「わたしの〜はすき?」「ああ、とてもすきだよ」といったことがひたすら続く会話のテキスト。(タイトル:好き?好き?大好き?)そして、同じ詩集から、「好き?好き?大好き?」で話している男女だと思う別の作品を、男の子はこれ、女の子はこれ、と挙げました。好き?好き?大好き?をやるのだとしたら、たとえばその前に、
男の子だけの話、女の子だけの話があるといいね、という方向みたいなものができました。

 
○ レインをやるということ 

自分はレインの作品が好きなわけですが、ではそれにあたり何を表すか。
 
たとえば、

      レインの作品を読んでいるときのわたしの気持ち
     どんな気持ちでその日、そのとき、レインを読んだか 

を表す、ことで、
 

         お客さんにわたしと同じ思いを感じて欲しいのか
         わたしはこう思ったのだということを感じて欲しいのか 

といったことを考えました。
「とらえられたい感覚」へ如何に「観客へのアプローチ」をしていくのか。そのために、表すもの、をはっきりさせていこうということになりました。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 レインの詩の中には、登場人物の気持ちが本当なのか嘘なのか、読み解けない不思議さがあると思っています。私がそれを読むときも、その日の気分で恐らく、これは本当、これは嘘、といったことが変化しているのだと思います。上記のものにあてはめたとき、 

        
本当なのか嘘なのかわからない
           ↓
         更に、本当のなのか嘘なのかわからない
         本当と嘘のうずに巻き込みたい 

のだと考えました。
 本は何度でも読めるし、読むことで理解を深めていけるものだけれども、舞台とは一回のものだから、じゃあ、そこにしかけをかけてあげよう、と羊屋さんの提案がありました。うずに巻き込むしかけ。↓部分になにがあるのか。考えます。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 詩というものは、ことばでできることの限界まで突き詰められた表現だと思います。なので、詩世界のことばのしたに流れている感覚、をよみ、その感覚を絵にしていく作業をしよう、となりました。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、 

俳優との関係性について 

ということにもなるのですが、
レインを好きなわたしがレインをやるわけですから、それに発生するモチベーションが確実にあります。それを俳優へどう伝えていくのか=クリエイションをどう求めていくかも考えなさいな、となりました。

 
テキストの前段階でのウォーミングアップ、台詞の前に、台詞の感覚を体感で伝えていく、ということになるのだと思います。考えます。 

その際、【candies】での話を羊屋さんがしてくれました。
バスケットボールをただただ三角パス、していくというシーン。とりあえずただひたすら、俳優には三角パスをしてもらう。ただひたすらやる。すると、次第に俳優達にも美意識のようなものがうまれる。話しあう。また三角パスをする。たとえば、失敗する。失敗した場合のことについて話しあう。 というふうにやってもらっていくことで、次第に作られていくのだそうです。

 
言葉での説明に頼りきりだったわたしには非常に興味深いことです。しかし、そういった『体感』の中で起こってしまったことを大事にしていくことがことばですること、しないこと、に非常に作用するのだと思います。  
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  詩ですから、国語的な解釈に向っていきそうな危険もありますが、それだけではなく、感覚を絵にする ということに向けて、ことばの周辺からせめていってはどうだろうと羊屋さんから提案してもらいました。

 
ことばの外堀からイメージを投げかけることで、何かが生産されることがある。それをわたしも見てみたいと思い、やってみようと思っています。たとえば、俳優の得意なことでもいいから、まったく関係ないうごきをしていく、違うイメージを持っていく、 そこで、【ななつの大罪】の話になります。何かしら、障害をもった3人の戸籍上男性を3姉妹に見立てて、それぞれのはなしをしてもらう。ただ話していては障害自慢のようになってしまい、それぞれも話すことに夢中になってしまう。そこへ、靴をゆっくりと脱ぎ、履き、する、という動作を加えることで、その動作が枷になり、役者からまた新しいなにかがうまれてくる、それにより強い説得力や意味が生まれる、 という話をしてもらいました。靴を脱ぎ履きする、というのはそこで生まれたアイディアですか?と聞くと、そう〜やってもらったらよかったの、とのお言葉。目からうろこです。 

このような、テキストと俳優を繋げる何かは、クリエイションの場で発見していこうとなりましたが、
そのアイディアはいくらあってもよい、ので、たくさん考えておきましょう、となりました。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

俳優にほんの少し、何かを足し、出てきたものを拾い、また返す、動かしたい、から、動かす、のではなく、なにかを与えてあげること、制限することで、動かし、新しい何かがうまれる。制限、とはどういったことでしょう、と聞いてみましたら、あなたの持ち物はこれだけですから、その持ち物でやってみてください、ということ。と、お答えいただきました。

俳優がたくさんのことがらを選んでよい状態から、こちらが選んであげる、
と、俳優の感覚もクリアになっていくのではと思います。それが体感として残っていくのではと思い、こういった方法を実践してみようと思っています。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


      実際のクリエイションの現場で 

どのように、すすめていきましょうか、ということになります。
3時間の中で、実際に俳優に動いてもらう時間、それをフィードバックする時間、というふうになっていくのでは、ということになりました。私から、羊屋さんも発言してくださいの提案したのですが、やはり俳優が混乱するのでは、と、羊屋さんも私も判断つきかねまして、このあと、橋口さんも交えてこれについて話すことになります。 

橋口さんと合流し、これについてまず投げかけてみました。
 やはり、当初、演劇大学ミーティングの中でも話し合われていたように、ふたりの演出家から意見がでると俳優が混乱するのでは、となりました。私の場合、恐らく、どう進めてよいか、という迷いが出てしまうのでは、という心配から、羊屋さんにも、と求めたのです。ならば、俳優とのフィードバックの時間と、わたしと羊屋さんでのフィードバックの時間を作ってみてはどうだろうという案がでました。また、橋口さん議事録にもあるように、私のイメージを羊屋さんのワークで伝えていく、という方法も有効ではないか、と提案を頂きました。 おおまかなタイムテーブルのようなものは設定しましたが、実際のクリエイションの現場でないとわからないことが多く、その場では保留、ということになりました。 自分のゼミに有効なタイムテーブルを製作してみましょうという宿題になりました。  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まとめです。 

やはり、今回のテーマは、
ことばのすること、しないこと、如何にしてことばを伝えるか。これは、観客へも、俳優へもということで、私の大きなテーマです。それに向って、俳優がことばを話すまで、 テキストを持つまでの前段階に時間をかけようとまとまりました。 レインをよむ、わたし自身の時間というものを如何に観客に与えるかこちらもまたテーマです。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      今後に関して  

テキストを決めていく最中で、出た話をここで書きます。

どうやってレインを知ったのか?という話になりました。
私は、岡崎京子を読んでレインを知りました。岡崎京子へは、小沢健二の音楽からだったかと思います。私は、ことばを扱う多くの作家の中でも、小沢健二のことばが大好きです。じゃあ、小沢健二やってみる?となりましたが、そこはなんだか向っていけないような気がしてやめました。それをふまえて、羊屋さんにわかななりの小沢健二ベストのCDをおくること、と、小沢健二だけじゃない、わかなベストのCDをおくること。 こちらの作業を致します。

出来るだけ、わたしに関して羊屋さんに伝えていかなければ、と。
  レインの原文を自分で訳してみてはどうだろう、という提案もあり、原文のものを探しています。できれば、やってみようかなと思っています。また、レインのほかの作品を読んでみて、もうちょっとレインとよいお付き合いができるような準備をしていきます。それに伴い、テキストの詳細を決定していくこと。 

どういうイメージを持ってテキストに向うのかということを明確にしていくこと。
 レインを読むわたしの時間、というものに対して考えを深め、そのイメージ、理由を明確にしていくこと。  また、クリエイションの現場でのタイムテーブルを詰め、どういった方法で役者の体感をつくっていくのか、ということ。羊屋さんとどういった連携をとっていくのか、ということ。 考えていきます。  

イトウワカナ
posted by sapporo at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/羊屋ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47649522

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。