2007年06月15日

演劇大学2007in札幌

hiniti.JPG
engekidaigaku 3.JPG


夏、演劇を研究する。

〜何千マイルも飛び続けるためのクリエイション


日本演出者協会では、これからの演劇を担う演出家と俳優の育成を目的としたワークショップ&セミナーを全国各地で開催してきました。 そのメイン事業である「演劇大学」が今年も札幌で開催されます。

今年の「演劇大学in 札幌2007」では、通常の「上演」に向かう作業のなかでこぼれてしまうプロセスがあるのではないかという懐疑から出発いたしました。そのこぼれてしまってきた未踏(おそらく)のプロセスを踏むため、ゼミナール形式のwsを行います。

北海道の演出家6名と、彼らのクリエーショ ンを補完してゆく演出家を講師として迎え、講師の指導の元に実地に研究活動を行います。

各ゼミが研究対象のテキストを元に、生活支援型施設コンカリーニョを会場として一週間をかけて深く演劇を研究し、ショウイング+シンポジウムを通して、報告+討論いたします。



学長あいさつ

hitsujiya_5.JPG
by Sakiko Nomura

「短い夏」

 
演劇大学は、演出者協会主催事業“俳優・演出家養成セミナー”と称して、日本各地で開催されている。今年で5年目を迎える「演劇大学in札幌」は、かねてから実行委員会を演出家たちで結成し、制作者、劇場と一体化し、今年も新たなステップを踏もうとしている。

今までは、俳優に対してのワークショップを中心に企画されていたが、今回の札幌では、試行錯誤の末、演出家、演出について取り組む内容にいよいよ着地しようとしている。私が、2003年から「演劇大学in札幌」に関わって、少しずつ札幌の舞台芸術事情や演出家たちのことを知るようになり、知れば知るほど、札幌には実力のある作り手が多いことに気づいた。

30代前半の彼らと東京在住の同世代を比べるのもおこがましいが、チャレンジングでアイデアあふれる創作を展開している姿を何度か目撃した。例えば、東京進出、海外作家との協働、執筆、教育、舞台以外の創作、カンパニーの運営にも果敢な強者たちである。

この働き盛りの30代前半の演出家たちは、下手するとどんどん仕事をしてしまうであろうし、技術や力業で、とんとんとこなしてしまうであろう。私は、彼らが休むことなく続投してゆくことで、そのうち肩を痛め、ボールを投げられなくなることが来ることを、危惧していた。

もうこうなると老婆心だ。そして、何よりも絶対的に惜しいことは目的を失うことだ。力のある彼らだからこそ、何千マイルも跳び続けることができた。そして、今こそその翼を休め、毛繕いをすることが必要だと提案した。

7月の短い夏、たった6日間の休息と補給。演出者協会の推薦による講師を交え、彼らの過去の作品や新作を題材に、クリエーションをし直し、見つめ直してみる。「舞台に限らず芸術とは、深いところに触れると、いつも同じものが出てくるのではないだろうか」私は私で、そんな命題を持ち、講師として参加する。

このクリエーションに関わる札幌の演出家そして俳優たち、札幌の短い夏をもっと短く感じるほどに、没頭しましょう。してみましょう。


 
演劇大学in札幌 学長 羊屋白玉
  



ゼミ長あいさつ
simizu.JPG

「ちょっと違う、5年目。」  

札幌で演出家が考える時間を作りたいと前々から話しをしていた。そして今年、どうせなら思いっきり考えることにした。

今年の演劇大学
in札幌はゼミだ、ゼミナールだ、「教員の指導の下に少数の学生が集まって研究し、発表・討論などを行う」のだ、まさに大学だ。だからこの6日間、参加する演出家たちは学生なのだ、思い切り研究するとよい。参加する俳優たちは学生なのだ、思い切り討論するとよい。そして参加するお客さんも学生になるとよい。

青井ゼミ、岡田ゼミ、羊屋ゼミ、それぞれ最終日の研究発表がどんなことになるのか、楽しみでしょうがない。これはゼミなのだ、研究発表のあとでまた討論しよう、きっと今、それが必要なのだ。

5年目の演劇大学はちょっと違う、入学した人もいる、卒業した人もいる、そして3年生の僕は、学生の一人として、ゼミ長として張り切ります。コンカリーニョが、まるで大学になってしまえ。


 
演劇大学in札幌 ゼミ長 清水友陽
posted by sapporo at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44883109

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。