2007年06月15日

講師プロフィール

aoi2.JPG

青井陽治 AOI YOJI 

「痛くても!」

作・演出を同一人物が担当する。
当り前のように、多くの芝居がそうして創られている。良いんだろうか、ほんとに、それで?作家は幸せだろう、一番よくわかってる人に演出してもらえるのだ。だが待て。この演出家は、作家の知らないその本の魅力や、思いもよらない論理や構造を読取ってくれるのか? 
演出家も幸せだろう。一番気心の知れた作家の最新作だ。でも、毎度同じ作家の本ばかりで退屈しないのか?
 
いろんな作家の戯曲と出逢いたくないのか、彼は?
シャム双生児を切り離すような!……痛いよ、この夏の体験は!



◎青井陽冶プロフィール

69年に研究生として劇団四季に入り、『ウエストサイド物語』『ジーザス・クライスト=スーパースター』などの初演に出演。同時に翻訳・訳詞・劇作のチャンスを与えられる。76年よりフリーとなり、以降、海外戯曲の上演、ミュージカルの創作に独自の世界を築く。近年は、次代のエンターテインメントを担う演劇人育成のために、演劇教育にも積極的に携わっている。主な作品に、『真夜中のパーティ』ニール・サイモンの『BB三部作』『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』『ラヴ・レターズ』『あなたまでの6人』『GODSPELL』『海の上のピアニスト』『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』『エリザベス・レックス』『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』。新派では『あじさゐ』『ふりだした雪』『狐狸狐狸ばなし』を新しい感覚で演出した。
 

posted by sapporo at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/講師紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。