2007年08月07日

羊屋白玉演劇大学07終了コメント

学長の羊屋白玉さんよりコメントをいただきましたので掲載させていただきます。


douage.JPG

青井さんと岡田君に以下のような御礼メイルをおくりました。

御礼おくれましてごめんなさい。何日か札幌の友人宅におじゃまして
帰ってきました。
演劇大学ではほんとうにありがとうございました。
いまはっきりわかるのは、わたしもふくめて青井さんや岡田君深津君の、
札幌の演出家たちにたいするまなざしというものが、
つくりてとしての姿勢にそそがれていたのだなということです。
シンプルですがとても重要な、大変手間のかかる作業におつきあいして
いただき、
とてもありがたいことです。ほんとうに。
暑い日が続きますがおからだご自愛ください。それではまた。羊屋白玉

というようなもので。
わたしの演劇大学07終了コメントのすべてがつまっているわけで
もあります。
それは 「姿勢」 です。
簡単に言えば、この人といっしょにはなしをしたいかごはんをたべたい
かどうかです。
作品のことなんて、いってみればライバルなんですから、アドバイスは
しても企業秘密は明かしません。


いろんな姿勢がおもいうかびます。
研究発表の中、わたしがいちばん課程と仮定がよくわかったのは、すが
のくんとわかなちゃんで。
翻訳はあえてしませんが、やりっぱなしの発表にしないように留意して
いたと感じました。

打ち上げの席で、深津君がわかなちゃんに「あんまり君のはおもしろく
なかったけどさぁ」と言っていて、
「なにゆってるのかもよくわからなかったけどさぁ」と言っていて、あ
らあらとおもって横で聞いていたんだけど。
「でもなんだかトガっているかんじがいいよ」と言ってました。おぼえ
てる?わかなちゃん。
そんでわたしのこと指さして「ひつじやとは8年くらいのつきあ
いだけど出会ったときはぼくもこいつもトガっててさぁ。。。」とか
いっていると。
なんかそこで青井さんが笑顔で乱入してきて、実は青井さんと深津君と
わたしは劇作家大会の札幌で
「演劇とエロス」というタイトルのシンポジウムで初共演してそれいら
いのおつきあいなんですが、
ただエロ話をしただけなんだけど、内容は控えますが、この人達は信用
できるかもと感じあったきっかけでもあります。

橋口さんは、構造についての書物が、演劇大学ビフォーアフターで理解
がぜんぜん変わったんでしょう?

それらはすごいことだとおもいます。

わたしの言い方だと、三年殺しとか七年殺しとかいいます。

姿勢をくずさないで。とにかく。
とおもいます。そしてわたしも。

そのうち今回の講師の現場に、今回と逆の立場で札幌の演出家がつい
て、いっしょにクリエーションするってのもいいかもしれない。演出助
手ってことではなくてね。俯瞰して比較して現場に発言するの。
演出家は演出しているときは、七転八倒で周りのことがみえにくいのは
あたりまえなんだとおもいます。
これもまた大変かもしれないけど。
どんどん研究は進む。

終わらないんです。

グッドラック!
またタッグを組みましょう。

羊屋白玉
posted by sapporo at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青井陽治講師 終了コメント

青井陽治さんより、演劇大学終了直後にコメントをいただきましたので
掲載させていただきます。


shinpo2.JPG

札幌の新しい友へ:

お疲れさまでした。
その後、元気ですか?
振返ると、本当に楽しく、演劇のことだけ考えている1週間は、連日2チームの稽古で、重労働なのにストレスの全くない、純粋で幸せな時間でした。でも、帰京して1週間、今になって思いっきり疲れが出て来ているのも事実です。今朝、僕は、バスルームで猛烈なめまいに襲われ、札幌のために死ぬのかと思いましたが、40分程で回復し、予定通り、大阪日帰りで、来年の打合せをして、オペラを見て来ました。大丈夫そうです。

今年の演劇大学で、印象に残っているのは、チームが違っても、参加者が友だち同士で、期間中、お互いの体験を共有し、励まし合ったり、羨ましがり合ったりしていたこと。「良いなあ!」と思って見ていましたが、最終日には、そのあたたかさが、交流会やシンポジウムを成果以上に盛上げていましたね。
広大なだけの東京砂漠(古い言い方ですね!)からの来訪者としては、コミュニティーの小ささと濃密さが羨ましく思えました。
この素晴らしい企画を立てて実現した札幌の若手演出家たち。彼らの演劇に対する態度は熱くひたむきで、その方法論も間違ってはいませんでしたよ。誰かに教わったことがないから、はっきり自信が持てないんでしょうけど、そんなの僕らも同じです。
悩まず、自分を信じて突き進んで欲しいです。あとは、自分を疑い、壊し続ける勇気をなくさないこと。それには、温故知新、勉強し続けるしかありません。俳優さんたちも同じですね。
まあ、今回は、創作の根本と言うよりは、俳優たちと共に、どう戯曲を読み解き、俳優たちの身体に乗せて、観客に届けるのか――そこに、演出家の意識が向っていたので、そこを中心にやりましたが、君たち俳優の適応力はなかなかでしたよ。札幌の演出家たちは、僕が何か言ったり、ちょこっと新しいインプロを挟んだりすると、俳優たちの理解が一気に深まったり、演技ががらっと変化したりするのをびっくりしてたけど、その秘密は、シンポジウムで話した通り。俳優と演出家は、同じ日本語でも、全然違う言葉を使っているのですよ。それさえわかれば大丈夫!  きっと、札幌の演出家たちの俳優に対する物の言い方は、飛躍的にわかりやすくなるはずです。

演出家は、考えること、思うことが素晴らしいばかりでなく、その伝え方が素晴らしくないと。だって、演出家は、直接に演技やものづくりに手を下さないのですから。そのかわり、創造の根源や方向性から手ざわりや細かい技術まで、何でもわかっていて、それを的確に伝えられないと駄目なんです。しかも、たいていの場合、相手は緊張いっぱい、時間はぎりぎりですから、言われて「うれしい!」と思える言い方をしてあげないと。実は演出家もパニクってますから、これはなかなか大変なんです、内緒だけど。
僕は、今年も、白玉さんや岡田さんや深津さんの不器用なまじめさと共にいることが心地よく、札幌の若い演劇人たちも、そこから良い波動を受け止めてくれたと思います。

札幌の演出家たちと、創り手としての姿勢を確かめ合う。それは、本当に大切なことだと思います。そして、演出者協会も、劇作家協会も、そのためにあるのでなくては、と普段から思っていることを改めて強く感じさせてくれたことを感謝しています。
僕たちは、高校の生徒会みたいなデモクラシーごっこなんかやって意気がってないで、少しでもましな演出をしたり、本を書いたりの努力をし、語り合い、情報や知識を蓄積することを一番に考えないと、まずいんじゃないでしょうか?
演劇とその創り手が社会的に認知されることを望むなら、僕たちの創る演劇がおもしろくなることが一番の近道だと思います。社会の一線で働く人が、時間がなくても、疲れていても、どうしても見に行きたいと思う――そういう演劇を創りたいと願います。
それ以外に重要なことなんかないです。シンプル。手間がかかる。当り前です。そういう意味で、札幌は遅れてるけど正常です。だから、僕は、とても好きです、札幌が!

ありがとう!
またお会いしましょう!

青井陽治
posted by sapporo at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。