2007年08月05日

7月24日(火) 岡田×清水クラス レポート

ルールの中で動くことの退屈さ、そして面白さ

文・脇野定則(ボランティアスタッフ)

サミュエル・ベケットの名を知らない演劇人は少ない。彼の映像用作品クワッドの名を知らない演劇人も少ない・・・と思う。 思うと書いたのは、私が演劇人ではなくて、ただの演劇好きだからだろう。ベケットの名は知っていたけれども、観たことはない(と思っていた)。クワッドという作品名は知らなかった。
でもである、どうやら私は、テレビを通してではあるが、「クワッド2」を垣間観たことがあるらしいし、(岡田ゼミ渡辺クラスの課題)「行ったり来たり」も観ていたようだ。
その事実を、休憩中に清水氏に話したところ、驚かれたのである。どうやら、クワッドの「絵」を観た事のある人間が演劇人の中にも少ない(かも)ということらしい。
驚いた。
「読んでみて分からなくて、観ても分からなくて、初見の人は訳の分からないままに終わるだろうし」とは清水氏の言葉。・・・実際に、私の場合もそうで、2〜3分後には退屈してしまった気がする。清水氏はこうも言っている。「なぜ、(クワッドを)誰もやらないのかわかった。つまらないから」
そんな作品にあえて挑戦し、楽しみながら苦悩し堂々巡りをしながら結論を求める清水氏が面白かった。結局、このクラスに限れば、演出家のためだけのワークショップと言い切っても良いかも知れない。
岡田氏は「クワッドの稽古場を見せてもらっただけで、本当に感謝している」と清水氏を讃えて(?)いた。

そもそもクワッドという作品が何かの説明が要るだろうか。要るとしよう。
4人が正方形の周辺と対角線をすり足に近い歩き方で淡々と同歩調で歩くだけの話である(これを話といって良いかは疑問で、パフォーマンスというべきかも知れない)。
行動のルールは、
1.角に立った人間は、中心に向かって右側の隣角に向かって正方形の1辺に沿って歩く。
2.隣角に辿り着いたら、向きを換え対角へ向かって歩みを進める。
3.正方形の中心では最大4人が交錯するので、右側に一歩ずれて、やりすごす。
4.対角に辿り着いたら、「1.」の行動に戻る。
最初は4人とも正方形の4隅のすぐ外に座って待っている。まず一人が正方形に入り、歩き始める。少しすると2人目が入り、同間隔で3人目、4人目も入ってくる。
しばらくの間、4人は淡々と正方形を歩き続ける。4人の位置は常に(中心から見て)90度の間隔と等距離が保たれている。
やがて、1人、2人、3人と抜けて、最後に1人が回り続ける。これで1シーズンが終了である。
「クワッド1」では4回の入出が繰り返される(4シーズンで1作品)。出演者は色の違うマスクのようなものを被り、打楽器の音にあわせて、静々と歩く。情報が多い分、まだ。何とか観れる。
「クワッド2」というのもある。こちらは、1シーズン分だけで、長さは1/4だが、こっちの方が見るのは辛いと思う。4人とも、白装束で同色、そして音がないのである。
合計で20分程度・・・大丈夫か?観客寝てしまわないか?と思う。

続きを読む
posted by sapporo at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/岡田ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。