2007年08月04日

7月23日(月)&24日(火) 岡田×渡辺クラス レポート

大切なのはイメージ、邪魔なのもイメージ

文・脇野定則(ボランティアスタッフ)

ベケットは偉大な戯曲家であるのは疑いようがない。でも、哲学的で、取っ付き難い。それが私の印象である。このクラスで扱う「行ったり来たり」も何となく小難しい感じがしていた。その感覚は、今でも残っている。
ただ、この作品は、もう少し素直に楽しんでも良いかもしれない。そんな印象を持つに至った講義でもあった。

「行ったり来たり」は、3人の女性が椅子に座って進んでいく。時折、誰か1人が席を立つと、残った2人が悪口と思われる内緒話をする。それを繰り返しながら、最後は3人で(一見)仲良く手をつないで終わる。
この女性たちが3人揃う時には無表情で、2人になった途端に表情が現れる。その対象性が印象的な劇である。
台詞も動作も多くなく、時間も数分程度の劇である。
一見、簡単である。
でも、塾生は四苦八苦を強いられていた。
塾生に求められたのは「そこに存在するために必要な、最小限のイメージだけを維持する」ことであった。
言葉にすると簡単である。でも・・・
「そこに存在するて何?」
「必要なのは最小限のイメージだけて何?」
「維持するのに必要なのは何?」
こう書かれると難しさが分かってくるかもしれない。
特に「必要なのは最小限のイメージだけ」という下りである。「だけ」である。少なくても、多くてもいけないのである。そして、その「だけ」を維持し続けなければならないのである。
塾生が、四苦八苦にもなろうというものだ。続きを読む
posted by sapporo at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/岡田ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。