2007年07月27日

7月25日(水) 青井×すがのクラス レポート

何度も読んで、秘密を抱えていこう。

文・脇野定則(ボランティアスタッフ)


講義のメインは、(台)本読みだった。
塾生は3人。女性が2人に、男性が1人。同性のよしみで男性(彼)の動きを追いかけていく事にしよう。

菅野氏の芝居の1幕を、客席に囲まれた正面のない舞台で試みるらしい。
ひなびた寒村の小さな駅の待合室。男と女と駐在の会話が展開されていく。
3人が3様の過去(秘密)を持っていて、それがお互いの会話にあからさまに絡みついていく。
そんなシーンである。


最初の本読み、彼は待合室の中を歩き回る。言う台詞の中にも幾分かの感情(抑揚)が混ざる。
自分のポジションを確定させようとしているように思った。

360度に開かれた舞台に戸惑う塾生達。どちらからの視線に対して対応したらよいか分からないという。
青井氏がアドバイス「それは逆に言うと、(視線)を気にしなくても良いということ。どちらが正面と言うこともないから、普通に構えてしまえば良い」
この言葉、何気ないようだが、後の集中力の話にかかってくる重いものであった。

菅野氏は、彼が動きながら本を読んだことを捉えて「動くことには目的がある」と言い、それをうけて青井氏が「言葉の本体を語らなければならない。語るために必要な動きだけをすればよい」と継いだ。
更に、青井氏の説明は続く。
「この劇は(時間の加速がない)静かな劇なので、基本的には動かなくて良い。でも、その分、必要な動きはきっちりとしなければならない」
「立ち位置についても、不自然でない距離をしっかりと考える必要がある。同じ台詞でも距離が変わると、ニュアンスが変わってくる。距離を色々変えながら言ってみると、必要なものが見えてくる」
「台詞に、先にニュアンスを付けてしまうと、それが固定化されてしまう。でも本当は、固定化する前に、その台詞の本体を知らなければならない」
「まずは、座っていて、本当に立たなければいけない事が出てくるまで、我慢してじっと座り続けると良い」

台詞の本体を知るために、まずは椅子に座ったままで、棒読みで、本読みを何度も繰り返していこうと言うことになる。
ここから、台詞の本体を知るための、彼の長く辛い苦労が始まるのである。

2回目の本読みが終わる。
青井氏が感想を伝える。
「身体をうずうずさせながらの本読みだったろうが、実は今の方が作家の言いたいことが伝わってくる」
「僕が若い頃は(君たちは下手なのだから)せめて作家の言葉を汚さないで、観客に伝えなさいと言われてきた」
「出来るだけ、フラットにフラットに読んで、そこから醸し出されてくるのを待つと良い。逆に出来るだけ大げさにやって、自分の下手さ加減を知るという方法もあるのだけれど」
菅野氏が続ける。
「棒読みの方が、余計な情報がないので、皆に台詞をしっかりと読もう、聞こうという意識を持たせる」
「(台詞の本質から)かけ離れてしゃべると、観客が本質へ辿り着くことを阻害してしまう」

3回目の本読み。
この辺りから、彼の肩から力が抜けていくのが、未熟な私にも分かるようになる。
台詞が気連見なく私の耳に伝わってくる。
続いて、4回目の本読みを終え、休憩にはいる。

続きを読む
posted by sapporo at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/青井ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月25日(水) 羊屋×橋口クラス レポート

文・弦巻啓太(弦巻楽団)





今日は羊屋さんの主導でアップ。

二人一組になって体をほぐし、手首や足首を引っ張る事で寝返りを

起こさせていく。

体がきちんと「脱力」してると気持ち良く回る事ができるようだ。

弦巻も橋口さんに誘われやってみる。

脱力は難しい。

見てて唸ったのは省エネで立ち上がる運動。軽やかで美しい。

理屈はわからないが、人間は「立って」ようとすると不自然に力がはいって見える。

「脱力して」むしろ

浮かんでる・上から吊られてる、等、第三者からの力で

「立ってる状態になってる」ように意識したほうが自然に見える。

寝返りや起立でもその法則が適用できるのだなあと一人納得。



そして昨日までの確認、感想、今後どうしていくかを話し合う。

活発な議論とは違うが、全員自分の意見を堂々と話すようになった感じがする。



この日は前日までの「部屋で生活してみる」をひたすら発展させる。

より抽象的にやってみようと言う事で、

「キッチン」「バス・トイレ」「ベッド」等の場所を「労働」「非共有」「休息」

とイメージに広がりをもたせていく。



初め、参加者に昨日のままの意識が残ってて、

「生活」を「説明」してるような感じになっていく。

ここで橋口さんからディレクション。

「もっと抽象的に。部屋じゃない場所にみえてくような」

「行動をもっと形容詞的に」

こう言った言葉を参加者は手探りで模索していく。



しばらく実践して羊屋さんからも提案。

「エリアに入ってから考えるぐらい動いて。」

そう言われると参加者が「物語」を考えすぎて来てた気もする。

もっと欲求のままに動けと言う事か。

偶発的に出会えと言う事か。

「他者への反応が無いと関係性が立ち上がってこない」とも。なるほど。



全員で一度に思うままトライして、感想を述べ合う。

面白かった所、抽象的ながら印象的だった所をピックアップしていく。

このクラスはどうやら

「ボロロ(ポロロ?)族」の伝承を形にしていくつもりのようだ。

この運動と古代を生きる人との日常のつながりを発見しようという試みらしい。

確かに、さっきまで目にしてたものは原始人に見えなくも無い…。



明日からはいよいよテキストに入っていくのかな?





posted by sapporo at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/羊屋ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月26日(木) 羊屋×伊藤クラス レポート

文・五十嵐宣勝(ボランティアスタッフ)





今回の夜コースで他の2クラスよりも1時間遅く始まる伊藤クラス。

集まりはじめた伊藤クラスの参加者たち。初日とは少し違う雰囲気。

緊張感を保ちつつも、全体の空気が穏やかなのは、

これまでの3日間の成果からかもしれません。



まずはウォーミングアップから。

ウォーミングアップの最中、初日と動きが何か違うなと思っていたのですが、

初日は受講生の中でばらつきがあった体幹の動きが、

みなさん強化されていると感じました。



その後「ビューポイント」へ。

テクストに沿って「彼」「彼女」の役を割り当ててから開始。

ビニールテープで区切られた表現空間の中で動きながら

自らが欲するときにセリフを発していきます。

受講者たちが作る関係性の形成/乖離は

そこにいないであろう見ている者の空間をも侵食していくようです。



終了後ロビーのモニターでディスカッション。

羊屋さんからビューポイント中での興味深い構図を分析。

自然に起こっていた役割の配分

セリフとポーズがリンクしている/していない

それぞれの位置関係が全体として関係性を表現

ひとつの場面についてより深いディスカッションが、

受講生の側からもなされていっています。



ホールに戻り、なおもディスカッションは続けられます。

主な話となったのは「表現空間への入り方」。

表現空間へはいるには、入りたいという「何か」が準備できたときに初めて起こされる行動ですが、

その時「”ゼロ地点”というフラットな状態で」という伊藤さん。

しかし

「やるぞ!という気持ち」

「寝るときの夢の中にはいるときに近い状態」

「呼吸が整ってから/条件付けられるときはその気持ちの勢いで」

という状態で一歩目を踏み出している受講生。

悩む伊藤さん。

さらに表現空間の中に「その空気が生成されたとき=ゼロ地点に同時に入ってもらいたい」という伊藤さん

そのために拍をとるなど試行してみるもなかなか相関性を見出すまでに至らず、

さらに苦悩する伊藤さん。

しかしその苦悩の表情の裏側から、

演出家イトウワカナの、そして伊藤若菜という個人の新たな萌芽が見え隠れするのは

決して偶然ではないと思います。



この密度の濃い講座も残すところあと1日です。



posted by sapporo at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年/羊屋ゼミ・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。